【山形編】産地紹介シリーズ!日本ワインの産地をご紹介!

ワイン産地は、ブドウの産地でもあります。
山梨県や長野県など、ブドウ産地として有名ですし、そういった場所はワインを多く造ることができる原料の調達がしやすいです。
そんな日本のブドウの一大産地ですが、山形県も有名なブドウ産地であり良いワインが多く造られています。
ここでは、山形県のワインについて紹介していきましょう!

ワインの生産地

山形県は、東北地方にある冷涼なワイン産地です。
ワインの品質はワイン業界人にも大注目されており、日本の三大産地のひとつとして知られているほど。
オレもワイン産地として山形県には注目していて、ワイン通販サイトでよく購入しています。

さて、山形県内には11を超えるワイナリーがあり、山形県特有の品種でワインが造られているのが特徴です。
山形県産ブドウ100%で造られたワインは、独自の原産地呼称制度である「山形県産認証ワイン」として認められ、ブランド化が図られています。

ワイン造りが始まった当初は、生食用ブドウには適したものの、ワイン用ブドウには厳しい環境であり、試行錯誤が繰り返されたと言います。
生産者たちのアツい情熱と努力により土壌が整えられ、今では日本有数のワイン産地となったのです。

日本ワインの中では有名ながら、まだまだ知られていない産地ですので、ぜひチェックしてみてください。

ワインの特徴

山形県のワインの特徴は、前述したように「山形県産認証ワイン」として認められたワインが多くあり、山形県のブドウにこだわっているところです。
デラウェアやコンコード、マスカット・ベーリーA、甲州なども栽培されていますが、近年ではカベルネソーヴィニョンやメルロー、シャルドネで目を見張る品質のものが増加しています。

スパークリングワインで定評がある産地であり、シャープな酸を残しながらフルーティーで飲みやすいアイテムが多く揃っています。

赤ワインは、どっしりとフルボディというタイプというよりは、軽やかながら複雑性のある、面白いワインが多く見受けられる印象です。
オレが注目しているヤマブドウも使用されているので、ぜひそっちもチェックしてみてくださいね!

有名なワイン

最後に山形県で有名なワイナリーとおすすめのワインを紹介します。

朝日町ワイン

画像引用元:https://asahimachi-wine.shop-pro.jp/?pid=134604827

山形県で最も有名と言っても過言ではないワイナリーが、朝日町ワインでしょう。
フルーツワインも手掛けていますが、何といってもさまざまな品種をブレンドして造られる赤ワイン、「マイスターセレクションバレルセレクションルージュ」は一度飲んでおくべき!
G7伊勢志摩サミットで提供されたほどですので、注目ですよね。

高畠ワイン

画像引用元:http://www.eishun.co.jp/shop/products/view/68/category:17

日本でも有数の品質の高さと知られているワイナリーが、高畠ワインです。
海外系の品種で定評があるワイナリーで、ワイナリー自体も大きく工場見学などもできるので観光地としても有名です。

オレのおすすめはずばり、「嘉yoshi スパークリングシャルドネ」。コンクールでも賞を受賞する、高品質なスパークリングワインです。

タケダワイナリー

画像引用元:https://www.takeda-wine.jp/SHOP/0208.html

山形県にあるワイナリーの中でも、世界を見据えてワインを醸すのがタケダワイナリー。
カベルネソーヴィニョン、シャルドネ、メルローなどに適した土壌にするため長年研究を重ね、今その努力が実を結び始めています。
「ドメイヌ・タケダ」シリーズは、ぜひ飲んでほしい1本ですね。

丸俊

画像引用元:http://akanehime.com/?pid=128633949

丸俊は、山形の高品質なワイン販売する企業として知られています。
山形県の良い品物を取り揃えており、月山トラヤワイナリーの「月山山麓」などは大人気の白ワインとなっていますよ。